ダイエットジム 期間

ダイエットジムで最適な運動量は??

投稿日:

ダイエットジムでの最適な運動量をこなす女性
「ダイエットのためにジムに通ってみたいけど、痩せるまでにどのくらい運動量が必要なのかわからない…」
このような理由からジムに通うことを躊躇する方も少なくないと思います。
確かにどのくらい運動すれば痩せられるのか、目安が分かっていないとモチベーションもなかなか維持できませんよね。
今回はジムでダイエットを成功させるにはどのくらいの運動量が必要なのかご紹介します。

ダイエットジムでの最適な運動量で1日の消費カロリーの量をアップ

まず、なぜ運動で痩せることができるのかを確認しておきましょう。
ジムに通ってダイエットを成功させるには、運動で消費カロリーを増やす必要があります。
消費カロリーとは私達が活動するために使用するエネルギーのこと。
1日で消費するカロリーの量は、大きく分けて3つで構成されています

・基礎代謝量(動かなくても消費するエネルギーの量)
・食事誘発性熱産生(食事をする際に発生する熱量)
・身体活動量(運動で消費するエネルギー量)

総エネルギー消費量のうち、基礎代謝量は全体の約60%、食事誘発性熱産生は約10%、身体活動量や約30%を占めています。
食事誘発性熱産生を運動でアップすることはできませんが、基礎代謝量と身体活動量はジムのトレーニングで向上させることができます。
つまり、ジムで運動すればするほど消費カロリーの量が増え、ダイエットが成功しやすくなるというわけですね。

基礎代謝をアップさせるダイエットジムでの運動量

基礎代謝をアップさせるには筋肉の量を増やすことが大切です。
ジムで効率良く筋肉の量を増やすには、無酸素運動と有酸素運動を両方組み合わせてトレーニングする必要があります。

無酸素運動の運動量
無酸素運動とは酸素を使わずに筋肉を動かすためのエネルギーを作り出す運動のことで、筋トレが該当します。
筋トレと言うと運動量を上げれば上げる程、基礎代謝がアップするというイメージを持っている方もいるかもしれません。
ですが過度な筋トレは体内ホルモンのテストステロン(筋肉や骨格を形成するホルモン)を減少させてしまい、筋肉の成長を妨げる原因になってしまいます
無酸素運動は短時間で即効性の力を使って運動するものなので、1時間程で完了する筋トレメニューを組むようにするといいでしょう。
頻度は週に2~3回程。
ジムには筋トレ専用のマシンが多数設置されているのでそれらを利用して、自分にとってベストな負荷で筋トレをするようにしましょう。

有酸素運動の運動量
有酸素運動とは弱い負荷を継続的に筋肉にかける運動こと。
水泳やウォーキング、サイクリング等があげられます。
筋トレで基礎代謝を高めてから有酸素運動をすることで、効率的に基礎代謝をアップすることができます。
有酸素運動は開始してから約20分たってから脂肪が燃え始めると言われているので、無酸素運動で基礎代謝を高めた後に最低20分は有酸素運動を行うようにしてください。

ダイエットジムで運動するときの注意点

無酸素運動と有酸素運動は合わせて1~2時間程度を目安に行うようにしましょう。
運動量を上げようと長時間運動してしまうと、コルチゾールというストレスホルモンが分泌されてしまい筋肉の分解が促されてしまいます。
また、身体に十分にエネルギーがない状態で過度な運動をすると、脂肪だけでなく筋肉までエネルギーとして分解される可能性もあります。
ダイエット中は栄養バランスがどうしても崩れがちになってしまうので、トレーニング前にスポーツドリンクを飲んでエネルギーを補給する、栄養バランスのいい食事を摂る等、エネルギー不足にならないよう注意してください。

「ダイエットジムの運動量」まとめ

ジムでダイエットを成功させるにはどのくらいの運動量が必要なのかをご紹介しました。
ジムに通ってダイエットを成功させるには、運動で基礎代謝量と身体活動量をアップさせる必要があります。
過度な筋トレは筋肉の成長を妨げる原因になってしまうので、1時間程で完了する筋トレメニューを組むようにしましょう。
また有酸素運動は筋トレの後に最低20分程。
運動量が多すぎると筋肉の分解が促されてしまうので無酸素運動と有酸素運動は合わせて1~2時間程度を目安にしてくださいね。

-ダイエットジム 期間

Copyright© 本気で痩せたい方必見!東京の安いダイエットジム50選!! , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.